本文へスキップ
 スマホ用のページはこちら
自然と音楽を愛する、もとネットワーク技術者のやや硬派のホームページです
設置場所:北緯:35°39' 28.08", 東経:139°24'05.40"(世界測地系), 標高:101m 東京都日野市南平2丁目
 
Hino Live Camera

   
日野気象台
1-Wire LANをもちいた、手作りの気象台です。日野の気象データをリアルタイムに詳細に表示します
日野の詳細天気  気温の統計 雨量の統計 風向・風速の統計
太陽エネルギー 落雷  高層気象 地震 気象データランキング 

放射線量
放射線量の計測値を公開しています。また事故時の記録、その後の解析結果も見ることが出来ます
放射線量(速報値 昨日 直近の1週間 直近の1ヶ月分 災害前)
事故時の記録 地表の計測 長期間計測 講演録 

環境データ
PM2.5、紫外線など環境データを計測します
PM2.5 紫外線データ CO2濃度

OMソーラー
OMソーラーハウスという、太陽熱利用形住宅の運転状況 と評価を示します
OMソーラー運転状況 OMソーラーの評価

データベース
ナチュラル研究所で計測したデータをデータベース化しました
昨日のダイアリー 1週間・1ヶ月 過去のダイアリー 気象ランキング 放射線量過去の記録

観測機器
ナチュラル研究所の観測器機の構成を解説します
1-Wire LAN WindowsPC WeaterDisplay設定 ガイガーカウンタ メンテナンス

RaspberryPi
Raspberry Piという手のひらサイズのコンピュータを使った観測器機の作り方・ソフトウェアを公開しています
ライブカメラ ガイガーカウンタ PM2.5 紫外線センサー(new) CO2センサ ADS-B ACARS 雷センサー 高精細電力計

シミュレーション
乱数をたくさん発生させ、確率実験を行なう手法――これをモンテカルロ・シミュレーションといいます――のオンライン教科書です

プロフィールほか
当ホームページの管理人のプロフィール サイト履歴など
プロフィール 私の履歴書 発表資料 サイト履歴

お断り
本サイトは、自分の研究のために観測しているもので、気象庁とは無関係です。測定データの精度、定時性は、努力はいたしますが,保証するものではありません。また、本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害の求償の責は負いかねます。
Powered by
お知らせ

2018年11月8日

  • モンテカルロ・シミュレーションのCプログラムはRaspberryPIでも動きます。RaspberryPIを用いた開発環境を報告します。
 こちら

2018年11月1日

  • モンテカルロ・シミュレーションのオンライン教科書について、いままでJavaアプレットを用いていましたが、最近セキュリティの問題からJavaアプレットが使えないブラウザが増加したため、C言語で公開することにしました。
 こちら

2018年10月16日

  • Yahoo!ジオシティーズのサービス終了にともない、サーバーの引っ越しを行いました。その際、暗号化の手順SSL (Secure Sockets Layer) を導入しました。アドレス(URL)の変更はありませんが、https://www.ishikawa-lab.comと「s」を入れていただいたほうが安全です。

2018年3月23日

  • 紫外線の計測を始めました。
 こちら

2017年11月11日

  • 高層気象データの収集のため、次世代のACARSと位置づけられるVHF Data Link - Mode 2(VDL2あるいはVDL-M2 )受信システムを開発。作り方を公開しました。
 こちら

2017年9月20日

  • PM2.5の計測システムを新しく作成し、観測を始めました。
 こちら

2011年3月1日

  • 「モンテカルロ・シミュレーション」のページと「デジタル日野気象台」のページを統合し、あたらしいコンテンツを加え、あらたに「ナチュラル研究所」として開設しました。

2003年5月5日

  • 日野市で「デジタル日野気象台」として手作り気象台を開設