環境データ
暑さ指数(WBGT)
に更新

暑さ指数は熱中症を予防することを目的として1954年にアメリカで提案された指標です。真夏に開かれるオリンピックで、関心が高まるでしょう。所管は環境省のようで、当方のサイトも「環境データ」の中に入れました。暑さ指数とは
暑さ指数(24時間)
 
暑さ指数 (1週間)
 

暑さ指数(WBGT:Wet Bulb Globe Temperature 湿球黒球温度)は、熱中症を予防することを目的の指標です。 単位は気温と同じ摂氏度(℃)で示されますが、その値は気温とは異なります。気温のみならず、湿度が重要な指数です。また、日の光が強いとき、風がないときに暑さ指数は高くなります。
暑さ指数の計測は特別の計測器が必要ですが、ここでは日野気象台で計測した気温、湿度、日射量、風速データを小野雅司氏の次の式にあてはめ計算し、リアルタイムに表示します。

WBGT=0.735×T+0.0374×H+0.00292×T×H+7.619×S−4.557×S2−0.0572×W−4.064
Tは気温(℃)、Hは相対湿度(%)、Sは全天日射量(KW/m2)、Wは平均風速(m/s)

暑さ指数に対する、「熱中症指針」(環境省)

 WBGT      熱中症指針
 31℃以上    危険
 28〜31℃    厳重警戒(激しい運動は中止)
 25〜28℃    警戒(積極的に休息)
 21〜25℃    注意(積極的に水分補給)
 21℃未満    ほぼ安全

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害の求償の責は負いかねます。あくまで参考情報です。