本文へスキップ
データベース
トピックス
2020/01/02 温暖化は進んでいるようには見えない
当方で計測した気温のデータを見ると、温暖化が進んでいるようには見えません。観測開始した2004年以降16年間の平均気温グラフ(黒)を下に示します。1年間の平均気温はほぼ15℃で、この間の変化は認められません。1年間の最高気温(赤)と最低気温(青)もあわせて示していますが、これもプラス方向に動いているわけではありません。
体感的にだんだん暑くなっているように感じますが、どうやらマスコミに、 あおられているような気がします。温暖化が都合がいい人たちに情報操作されているのかもしれません。
温暖化は1年2年の話ではなく、もっと時間軸を長くとって議論する必要があります。

2019/11/30 今シーズン最低気温
30日土曜朝は、当方観測で最低気温は0.2℃で、今シーズン最低を記録しました。航空機からの気象通報の中から上空1500mの気温をとりだし、グラフにしています。オレンジのプロットのように11月25日に18℃あったものが、昨日はマイナス5℃以下になりました。上空に強い寒気が入ったことがわかります。(黒の線は地表の温度実測値)
1500mの気温は今日になって少しづつ上昇しているので、明日の冷え込みは少し和らぐでしょう。



http://wxmaps.org/の地図でも、850hp(1500mに相当)の0℃の温度のラインは南下しています。



2019/10/25 記録的大雨

低気圧に向かう暖湿気、さらに台風21号からの湿気も流入し、記録的な大雨となりました。特に千葉県には長時間、発達した雨雲がかかり、記録的な大雨となった所がありました。
当方の観測では、この日の雨量は、92.4 mm、最大時間雨量: 15.0 mm / h ( 14時56分)で、さしたるものではありませんでした。

2019年10月25日のダイアリー

2019/10/12  2019-19号台風

10月12日に2019-19号台風が、東京上空を通過しました。東日本に大きな被害がありました。
当方の観測機器も残念ながら一部絶縁不良を起こし、完全なデータが取れませんでしたが、降雨量は、356.2 mmで、当方観測開始以来最大の記録となりました。 近くの浅川は溢水寸前でした。また、最低気圧は965.4 hPa で これも当方開設以来最低で、20時56分に当方の真上を通過した模様です。
さらに、データを整理していたら、気になるグラフが残っていました。降雨の最も多かった10月12日夜に、放射線量が上がっていました。福島事故以前にはなかったことなので、気になります。当日は20時50分に台風の目にはいりましたが、直前に東から北東の強い風が吹いていました。福島原発の放射能汚染廃棄物を入れたフレコンバッグが仮置き場近くの川に流出したと報道もありました。
2019年10月12日のダイアリー



事故直後の2011年9月21日に2011-15号台風が同じように関東地方を通過しました。下のグラフはその時の記録で、よく似ています。たぶん今回もフクイチ由来でしょう。


2019/9/9  2019-15号台風

台風15号は強い勢力で、5時前に千葉市付近に上陸しました。関東地方では8日夜から9日朝にかけて猛烈な風が吹き、特に千葉県では大きな被害がありました。首都圏のJR・私鉄は始発から計画運休となり、運転再開も遅れました。
当方の観測では、深夜の03:32に最低気圧 993.8 hPaを記録しました。その時刻を境に、北の風から南の風に変化しました。当方の東側を通過したことがわかります。
2019年9月9日のダイアリー